お葬式を行う意味

お葬式は故人を見送ることが最重要ですが、他にも重要な意味合いがあります。お葬式のスタイルによっても意味合いが変化します。お葬式を行うにあたって、重要な事柄ですので知っておきましょう。知っておくと葬儀会社の選び方や方法が必然的に分かると同時にお葬式がより大切な行事であることを再認識できます。お葬式は永い人生を豊かに歩んできた証として、故人の身内や故人と親交のあった知人に故人の死を知らせる役割を担います。人間はこの世に生を受けてから幼い時を経て大人になり、年老いてそしていつか死が訪れます。その死を社会に知らせる重要な儀式です。

故人の死を社会に知らせると同時に、残された遺族がその死を受け入れるためにもお葬式は必要なことだと考える人も多いです。人の死は遺族にとって心の痛みを伴う悲しい出来事です。容易に立ち直ることはできません。しかしお葬式という通夜、告別式、火葬から埋葬に至るまでの流れの中で死を受け入れるという心の作業が行われます。お葬式には遺族の悲しみを受け止めて、これからの遺族の人生を導く役割も担っています。また人の命の尊さを再認識する教育の場としても必要な儀礼だという考え方の人もいます。死ということを認識し生きることの尊さを学ぶ場でもあるのではないでしょうか。

物理的な意味合いもあります。遺体はそのままにしておけば、腐敗してしまい故人の尊厳が著しく損なわれます。故人を火葬、埋葬することで故人と物理的な別れを受容する儀式でもあります。宗教的観点からの意味合いとしては宗教、宗派によっての死生観に照らし合わせたお葬式を行うことで故人の霊を慰める儀式としても行われます。

社会的な意味合いとしては先に述べたように、故人の死を世の中に知らせる意味合いがあります。その先には死亡届を出すなどして書類やデータ上から抹消させる必要があります。行政上の死亡の手続きをすることで社会通念上の死を受容し今後の遺族の生活に不備が生じないようにする役割もあります。これらの内容を理解したうえで葬儀会社を選ぶポイントも押さえていきましょう。