お葬式とは

色々なお葬式

色々なお葬式 現在のお葬式は多様化してきています。都市部を中心に家族葬が広まりをみせていますが、昔からの地域の慣習にしたがった一般葬までさまざまなスタイルがあります。まずは故人との繋がりがある人みんなで送る方法です。一般葬では遺族、親族以外にも親しい人や職場関係者にも会葬してもらい全員で故人を偲ぶ方法です。意外に合理的で、費用を抑えられる場合もあります。一時的には喪主や家族の負担が増えますが、香典などによって費用を賄えるので、支払いの持ち出しが少なくなる場合があります。

次に社葬、合同葬です。社葬は企業や法人が施主となって会社が営むお葬式のことを言います。合同葬は故人の喪家と企業としてのお葬式が一緒になったものをいいます。創業者や会社役員、社内貢献度の高い社員等の場合に行われることが多いです。

遺族、身内だけで見送る方法として家族葬と密葬があります。家族葬は通常、親族や身内だけで行うことを指すのですが、ごく親しい方も交えて小規模、少人数で行うことを家族葬といいます。核家族化が進んでいることから、都会では現在最も多いお葬式のスタイルです。喪主と遺族の精神的負担と経済的負荷を軽減できるというメリットがあります。密葬は遺族親族と故人を良く知る人だけを中心に広く告知せずに執り行うお葬式で古くからあるスタイルです。密葬という言葉の響きから家族だけで密かに行う物と思われがちですが知人を呼んで行ってもなんら問題は有りません。小規模、少人数で行うという場合もあり、現在で主流となった家族葬と同じであるという考え方もあります。

その他にも通常は通夜、告別式と2日に渡って行われるお葬式を1日で済ませる一日葬や本葬をせずに火葬だけを行う直葬という方法もあります。直葬は当然費用は抑えられますがきちんとした考えの元に執り行わないと後々、問題点や後悔が残るので注意が必要です。故人の趣味や信仰に合わせたお葬式もあります。音楽葬やお別れの会、宗教に合わせたお葬式などがそれにあたります。自由葬とも言われます。近年では式の最中に終始故人が好んでいた曲を流すスタイル等も人気があります。どのお葬式のスタイルも故人と、その故人と繋がりのあった方々とのお別れの場として提供されるものです。故人の生前の考え方と故人を偲ぶ思いが最優先ですが、お葬式にはどういう意味合いがあるのでしょうか。その意味合いを知ることで更に重要なものであることが分かります。

最新のお知らせ

  • [2018年11月09日]
    ホームページを更新しました。

  • [2018年11月09日]
    運営者情報を追加しました。